100系ハイエース後期LTDの故障「電動チルトハンドルの固定不良」

100系ハイエース後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障解説。

 


電動チルトハンドルの固定不良は、ステアリングの右側部に付いているステアリングの高さを固定するレバーがブラブラになってしまい、ハンドルがチルト固定できなくなる症状。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド449.png

 

レバーの根元になるナットの緩みが原因で起こる。
ハンドル操作はできるが、直接運転操作に関係する所なので、定期的な点検をオススメする。

 


■100系ハイエースの故障

→内外装・エクステリア装備の故障

→ショック足回りの故障

→ブレーキの故障

→エンジンの故障

→ミッションの故障

→電気系統の故障

→燃料系の故障

→後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

 

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報

 

 

▲100系ハイエースの故障についてTOPへ戻る

▲TOPへ戻る