100系ハイエースの故障「スタビブッシュのヘタリと硬化劣化」

トヨタ・100系ハイエースのショック足回りの故障解説。

 


スタビライザーとは、車がコーナリング時に生じる遠心力による外振れを防止する為に役に立つ鉄製のバーのことで、ボディとの間に強化ゴムを使って取り付けられている。その強化ゴム(5cm前後)のことをスタビブッシュと呼んでいる。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド430.png


前後の足回りに2個ずつと、付随して数個ある(100系ハイエースの2WDと4WDは型状が違う)のだが、このスタビブッシュが硬化して癖がついてしまうと、スタビライザーが動いた時に、キューキューという音を出してパイロットの耳に飛び込んでくる症状。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド431.png


ズバリ、パイロットの乗り方にも関係あるが、4〜5万kmもしくは距離に関係なく5年間に1度は交換してあげたい。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド432.png


乗り心地を優しくする小さなコダワリ部品。
治療は(フロントスタビブッシュ交換2個、リア部スタビブッシュ交換4個)

 

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド433.png

 

 

 

■100系ハイエースの故障

→内外装・エクステリア装備の故障

→ショック足回りの故障

→ブレーキの故障

→エンジンの故障

→ミッションの故障

→電気系統の故障

→燃料系の故障

→後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

 

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報

 

 

▲100系ハイエースの故障についてTOPへ戻る

▲TOPへ戻る