100系ハイエースの故障「ウィンドウの動きの悪さと気になる風きり音」

トヨタ・100系ハイエースの内外装・エクステリア装備の故障解説。

 


100系ハイエースは、ウィンドウの動きの悪さと気になる風きり音も、その設計の古さが物語るトラブルポイント。

これは、ウィンドーレギュレーターと呼ばれる「パンタグラフ」のような、ウィンドウガラスを上下させる骨組みのガタにより、上下動ができなくなるトラブル病。

この病気は幸いにして急に起る病気ではなく、事前にウィンドウを上げる際に動きが必ず悪くなる症状が出るため、トラブル予防が可能でなる。

また、ガラスを両手で挟んで左右に動かすとガタつきが出るようになる。

このような時に、走行時に耳元で気になる風きり音が出る。

これも事前信号である。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド425.png


治療対策法は、ウィンドウレギュレーターのネジの締め付けで直る場合と、そのものの交換が必要な場合がある、ウィンドウレギュレーターの故障トラブルは滅多にない。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド426.png


日々の手入れとしては洗車時に写真のように、ドアのガラスが通る溝の部分にグリスUPしておくと、動きが俄然良くなり、レギュレーターへの負担が軽減される。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド427.png


   


 


■100系ハイエースの故障

→内外装・エクステリア装備の故障

→ショック足回りの故障

→ブレーキの故障

→エンジンの故障

→ミッションの故障

→電気系統の故障

→燃料系の故障

→後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

 

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報

 

 

▲100系ハイエースの故障についてTOPへ戻る

▲TOPへ戻る