100系ハイエースの故障「半ドア、サイドスライドドア部の接触不良」

トヨタ・100系ハイエースの内外装・エクステリア装備の故障解説。

 


100系ハイエースの運転席・助手席を開けると、ゴムカバーで覆われている3cm程度のスイッチがあるのだが、これは半ドアを警告するスイッチで、この部分の劣化とドアのあたり具合が悪いと、ルームランプが点灯/消灯を繰り返すようになる。

特に夜間走行、パイロットの運転集中能力をも妨げる重大な問題になりかねない。 
 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド420.png


治療に至っては簡単で、メカニックやバン鈑金屋の手に掛かり、ドアのあたり具合を調節すれば治る場合と、スイッチを交換する場合がある。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド421.png


事前の予防対策としては、ドアのガラスの縁部を手の平で押してみて、ルームランプが点灯しないか、耳元で風きり音がしないか等でチェックができる。半ドアスイッチに薄いワッシャーを入れるのも効果的だ!!

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド422.png

 

サイドスライドドアの接触不良は、ルームランプの点灯や風切り等だけではすまずに、イージークロージャー(自動閉機能)の不良に繋がる病気です。

原因は大半がイージークロージャー部のマグネットスイッチ(4本のピンがある)に、何かしらの物をぶつけてしまい、怪我をさせた場合によりものである。

治療対策としては、曲がったピンを調節して直る場合が大半だが、その物を交換するには、少し痛手の出費となるため、後部座席への乗り降りには注意しよう。

 


 
■100系ハイエースの故障

→内外装・エクステリア装備の故障

→ショック足回りの故障

→ブレーキの故障

→エンジンの故障

→ミッションの故障

→電気系統の故障

→燃料系の故障

→後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

 

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報

 

 

▲100系ハイエースの故障についてTOPへ戻る

▲TOPへ戻る