100系ハイエースの故障「ヘッドライトの曇り水滴」

トヨタ・100系ハイエースの内外装・エクステリア装備の故障解説。

 


ハイエースワールドの展示場の車はもとより、入庫してきた100系ハイエースの大半がこの病気にかかっている。
特に平成8年9月〜平成11年8月までの中期は全て、ヘッドライト及びウインカーレンズに水滴曇りが生じ、ひどい物になると完全に水が溜まっている物もある。 


 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド417.png


原因はライトレンズと内側のプラスティック部の何処かからの水の浸入だろう。トヨタディーラーにて新品交換しても、同じ現象が起きてしまう。(メーカーにてのクレームはききません)

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド418.png


治療対策としては、軽度の物は夜間ライト点灯走行にて消えるが、ひどいものは、一度外してヘヤドライヤー等でしっかりと乾燥させた後、ライトカバーとプラスティック部の繋ぎ目にクリアーコーティング剤を入れて対応する必要がある。

 

新型200系ハイエース・プロショップ ハイエースワールド419.png

 

後期型もごくマレに起きるようだが、同方法による対応か、保証期間内は、ディーラーでの新品交換となる。

ハイエースワールドでは納車時全車に治療対策を施しての納車にしているので安心だ。

 


 
■100系ハイエースの故障

→内外装・エクステリア装備の故障

→ショック足回りの故障

→ブレーキの故障

→エンジンの故障

→ミッションの故障

→電気系統の故障

→燃料系の故障

→後期LTD(平成08年09月〜11年08月)の故障

 

 

ハイエース新車販売.png

→200系ハイエース新車販売

ハイエース中古車販売.png

→中古車在庫情報

 

 

▲100系ハイエースの故障についてTOPへ戻る

▲TOPへ戻る